So-net無料ブログ作成

足元のおしゃれ? [見聞録]

降雪地帯では、夏と冬には衣替えのごとく

靴にも衣替えがある。

しかし、雪の積もらない地域では、多少の変化はあれど、

靴はほぼ年中変えることはない。

せいぜい、ブーツとサンダルの入れ替え位だろう。

靴の衣替えもなかなかお金が掛かるもので、

冬用の厚手の洋服が、夏物の薄手に比べ価格が若干高くなっているのと同様に

冬物の靴は、お財布に優しくないのである。

その点、雪が降らないというのはありがたい。

ただし、靴底がよく磨り減るという弊害もある。


茅ヶ崎にいて、不思議に思ったことがある。

それは『ビーチサンダル』


havaianas メタリックカラービーチサンダル 23.5 ダークグレー : サンダル・ミュール





私は海側から遠く離れた地区に住んでいるので、海岸付近にお住まいの方々の

状況は把握しかねるが、ビーサンの着用率の高さには驚かされる。

(江ノ島付近や、平塚、大磯辺りの状況は確認したことはないが)

湘南地区といわれるだけあって、海が遠くても当たり前にビーサンを

履いて歩いている人のなんと多いことだろう!

いや、もしかしたら海岸地区の人がうろついているのを、たまたま見かけただけかもしれない。

しかし、面白いほどビーチサンダリストが歩いている・・・・

あそこにもここにも・・・

ハワイの人がアロハシャツを着ているが如くです。

靴屋さんにも溢れんばかりのビーサンが並んでいます。

某靴流通センターのチラシにも、ビーサンのコーナーが設けられていることにも

驚いてしまいます。

その足元を観察するのも非常に楽しいことです。

真新しいものを履いている人もいれば、そろそろ擦り切れてしまうのではないかと

見ているほうが心配してしまうほど、年季の入ったものを履いている人もいます。

よほどのお気に入りなのでしょうか。


ビーサンを履いて、チャリに乗っていたら、茅ヶ崎人としては立派な出で立ちです。

ついでにビーサンで原チャに乗っている人までいます。(危ないでしょーが!)

不思議な街だ・・・・恐るべし茅ヶ崎・・・・

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。