So-net無料ブログ作成
検索選択

あっさりと [あなことこなこと(近況)]

歯医者に通い始めて、数週間が経ちました。

もっと早くから通っていれば、こんな状況にはならなかったかも知れません。

上顎の右、センターから2本目と3本目の歯が

実はずっとグラグラグラグラしていたのですが、

もしかしたらそのうち治るかも知れないという根拠のない希望と

治療費がかかるんだろうな~という切実な現実の狭間で

放置され続けておりました。

しかし、診断は・・・・「もう抜かなきゃダメですね~」の一言。

長年の健康管理のずさんさと

無計画な食生活が祟り

顎の骨はやせ細り、歯を支えることが出来なくなっていました。

ってな事で、昨日『抜歯』して来ました。

そうです、すでに差し歯という方法も取ることが出来ず

入れ歯かブリッジの二者択一の手段を迫られ

ブリッジに一縷(いちる)の望みをかけることにしました。

まず、麻酔の準備で液体の麻酔を歯茎にヌリヌリされ

数分後、注射をたっぷりされました。

おかげで鼻まで麻酔がかかり、さらに麻酔が効くのを待つ間に

ブリッジをかけるお相手の歯を削られる羽目に・・・・

「やめてくれ~、大枚はたいて被せたセラミックの歯なんだぞ~」という

私の心の叫びはまったく届かず、ざっくりとセラミックの差し歯は取り払われていきます。

そろそろ麻酔も聞いてきた頃に「さあ、抜きますよ」と宣告が・・・・

頭の中には「ガリガリ!ゴリゴリ!コンコン!ズビュ~ン!」という

儀式がなされるであろうという妄想が広がっておりましたが、

「すぐ抜けますよ~」と先生は2本の指で歯をムンズとつかみ

引っ張りました!!!!!ひぃ~~~~~~~~~~~~~~


スポン!


何ということでしょう!

わたしの根性なしの歯は、いとも簡単に抜けてしまったのです!!

残りの一本も、先の歯に追随しあっさりと抜けてしまったのです・・・

もう少し抵抗してくれないと、別れを惜しむことも出来ないじゃないか・・・

出血もほとんどなく、抗生剤と痛み止めの薬を処方され帰宅。

「きっと麻酔が覚めたら痛いんだろうな~」と思っていたら

痛みもほとんどなし・・・むしろ生えていた時の方が痛かった。


気持ちいいほどあっさりと、理想的に抜けた感覚を

しばらく忘れることは出来ないでしょう・・・・




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。