So-net無料ブログ作成
王子飼育日記 ブログトップ

王子の御奇行 [王子飼育日記]

王子は時々服装が乱れるときがございます。

とは申しましても、短ランを着込んだり、ドカンをはいたりとか

そういったものではございません。

王子は幼い頃から、上げ膳据え膳でお育ちになったからなのでしょうか(まったくの推測)

ボタンの掛け違えをなさいます。

きっとボタンなど自分でかけたことがなかったからなのでしょう(推測)。

さんざんボタンを掛け終えたところで、気がつかれます。


それから、Tシャツの前後を間違われます。

きっとTシャツに前後があることなど知らずに、成長されたのでしょう(推測)。

なにやら襟元が苦しげな風に見え、下女が気付く様な次第でございます。

着ていて違和感はないのでしょうか?


時には、トランクスのセンターが思い切り、ズレていることがあります。

身に着けていて違和感はないのでしょうか?


しかし、最近一番の大ヒットは

トランクスを裏返しにはいていたことでございます。


下女はそれらを見つけるたびに思います・・・・・



幼稚園児かっ



nice!(0)  コメント(0) 

王子の涙 [王子飼育日記]

昼の13時過ぎに王子は起床される。

目覚めのコーシーを飲みながら、煙草を一服。

髪はボサボサ。

目は虚ろ。

お昼の情報番組を見つつ、データ放送を駆使して

道路の混雑状況や、行き先の天気予報を確認。

お昼の情報番組では、芸能情報やその日のニュースが流れている。

政治の問題

芸能界の覚せい剤

朝青龍問題

交通事故

殺人

児童虐待

オリンピックが終わった今、明るい話題は少ない。

それらを見つつ、王子は食事をされる。

なんの報道がされていたのかはっきりとは覚えていない。

食事を終えた、王子の瞳が潤んでいる

はっ!

あまりにも悲しい報道が多いので、

王子はお心を痛めているのだ・・・・

・・・・なんと!なんと!なんとお優しいではないか!!

「・・・・・王子・・・なにか、胸を打たれる報道がありましたか?」

「いいや」

「・・では、悲しい報道でもご覧になったのですか?」

「いいや」

「?・・・・ではなぜ、涙を・・・・?」

「ごはん食べて、お腹いっぱいになったから」


・・・・・・・・


・・・・・


なっなぬ?


・・・・・



「最近、お腹いっぱいになると涙、出てくるんだ」



まるで満足に食わしてないみたいじゃないかっ!!


nice!(0)  コメント(3) 

王子の壷 [王子飼育日記]

王子は壷を持っていらっしゃいます。

色や形は自由にご想像下さい。

壷には蓋があり、蓋の上にはスイッチがついております。

壷の中身は、涙と笑いに溢れております。

そのスイッチが入ると、王子は涙を流されたり、大笑いされます。

スイッチを入れるのは王子次第でございます。

世の中一般の基準でスイッチが入るときと、入らないときがございます。

以前は、宇宙人のジョーンズがトンネルを掘っているときに、涙のスイッチが

入りました。

アニメを見て、感動の涙を流されることが多いことも事実でございます。

「う~ん、いいシーンだが、まあ涙を流すほどでもないか・・・」と

王子の方を振り返ると・・・・・そこには!!!!!

滝のように涙を流される王子のお姿が!

私は、サザエさんを見て感涙される人を初めて見ました。

かと思えば、国会中継を見ていたときに王子は突然泣き笑いを始めたのです。

「なにがそんなにおかしいのですか?」と尋ねたところ、

鳩山さんの答弁している後ろで、管さんが眠気と必死に戦っている姿に

胸を打たれたとおっしゃるのです!

私は訳がわからず「睡魔と戦っている姿のどこが感動的なのですか?」と

さらに尋ねたところ、

「きっと忙しくて睡眠不足なのであろう、そんな中『眠ってはいけない!』と自らも

思っておるに違いない。彼がそんな忙しく働く姿を想像し、今鳩山さんが演説を

しているにも関わらず睡魔と戦い、しかもバッチリとカメラに映るであろう位置に

居りながら、うとうとしている強い勇気に感動しておるのじゃ!」と、

とてもシラフとは思えない饒舌さに、驚かされたりすることもございます。




王子がスイッチを入れる基準がいまだに分からないときがございます。




nice!(0)  コメント(4) 

王子、マイナーチェンジ [王子飼育日記]

近頃王子は、あご髭を伸ばしておいでです。

いつまでも、一国の王になること儘ならないのならば

せめて髭のひとつも伸ばし、威厳と言うものを見せ付けなければ

民(なんていませんが)に軽んじられます。

・・・・という建前ですが、実は

王子は面倒くさがりでございます。

髭は毎日剃りません。

そんなことを言うとどこからか「だってそんなに髭、濃くないし・・・

                  それに会社ではうるさく言われないし・・・ブツブツ

という言い訳が聞こえてきそうですが。

なぜ髭を伸ばし始めたかと申しますと、

すべて剃ってしまうと週末にはボーボーになってしまい、なにやらみすぼらしく見えます。

しかも会社では王子の髭の伸び具合が週末の目印にされている始末です。

しかし、はじめからあご髭があると少し伸びてきた髭が目立たないという

効果がございます。

最近は、芸人もイケメン俳優と言われる人も

ネコも杓子も髭を伸ばしています。

王子の信条は『目立たないこと』、そんな世の中では

髭が良い隠れ蓑になるのでございます。


nice!(0)  コメント(6) 

最近の王子 [王子飼育日記]

最近、王子は記事を書かずに

ペットのこうすけにばかり記事を書かせていますので

下女の私めが代わって、近況をお伝えします。

王子は、13時から14時に書けてお目覚めになります。

下女は布団をひっぺがし、蹴りを入れて起こして差し上げます。

王子は、14時半から15時にかけて食事を取り、出勤いたします。

そして2時間ほどかけて会社に着きます。

それから荷物を積み込み、東名で静岡へ向かいます。

静岡県内のあちらこちらに民のもとを訪れ、荷物を降ろしながら

神奈川方面に帰ります。

最後の難関は、箱根の峠です。

夜中は高速のトラックが多く、王子はハラハラしながら峠を抜けます。

そうして、朝方の4時から5時にかけて抜け殻になってご帰還されます。

ご帰還後の抜け殻のお体には、発泡酒をバケツチャージされます。

ときどきこそーりと1本多く飲まれています。

そうして、6時から7時にかけて食事を取り、床に着かれます。


・・・・・・という、朝昼逆転の生活を送られております。

こうすけには、面倒をかけております。
nice!(0)  コメント(5) 

はてな王子 [王子飼育日記]

王子は、芸能人をあまり知りません。

公務が忙しすぎるせいかも知れません。

あるいは、覚える気がないのかも知れません。

王子の中でアイドルは「ぴろすえ」だけのようです。

(もうその時点で古いと下女は思います。)

蒼井 優ちゃんと、宮崎あおいちゃんは知っているようです。

あとエビちゃんも知っているみたいです。

それ以外は、みんな同じように見えるそうです。

お笑いは好きなようです。

はんにゃはかなりお気に入りのようです。

どきどきキャンプも結構好きなようです。

オードリーも好きなようです。

「お、けっこう知ってるじゃん」とお思いのあなた。

うふふ、なんと王子には死角があります。

男性俳優にはめっぽう弱いです。

香川照之とトータス松本の見分けがつかないそうです。

「ヘルシア緑茶」のCMを見て、「このひと、ウルフルズのボーカル?」と

聞かれました。

「ペプシ」のCMを見て、「ほら、ヘルシア緑茶の人~」と言いました。

「ミスターブレイン」ご覧になっていましたか?(今日最終回でしたね)

折りしも、ふたりが共演していました。

それを観て、王子の頭の上にははてなマークが飛び交っていました。
nice!(0)  コメント(5) 

王子の味覚 [王子飼育日記]

王子は、味付けにうるさい。

育ちがいいからだ。

おいしいものが大好きだ。

しかし、近頃のバケツ王国は貧困にあえいでいる。

下女は王子のお口に合うものを作るよう心掛けているが、

王子の好みのものばかり出していると

財政が破綻を来たす可能性があるので

下女は王子に色々なものを食べていただこうと

試行錯誤している。

王子の母である女王様は、王子の偏食に心を痛めており

下女から王子の様子を聞いては涙をこぼしておいでだった。

ある日、下女が出したデザートのオレンジに王子は手をつけなかった。

王子はすっぱいものはお嫌いらしい。

ある日、下女が出したチキン南蛮をお食べになり

王子はすぐさま、塩を製造しだした。

辛いものも苦手らしい。

しかし、王子はわさびはお食べになる。

さしみには欠かせないからだ。

王子は魚もお食べになる。

しかし骨の少ない魚がお好みらしい。

骨のたくさんある魚を食べていると途中で不機嫌になってくる。

王子は初めて食べるものをものすごく敬遠する。

盾を持って、剣で突きながら様子を調べる。

とても慎重なお方なのだ。


下女の悩みは尽きない・・・・・
nice!(0)  コメント(5) 

毒はき王子 [王子飼育日記]

・・・・下女は、王子があまりにも酒好きのため

転職を考えた。

「転職には、履歴書が付き物ねw」と履歴書に貼る

写真を撮りに行った。

出来上がった写真を見て下女は言った。

「これは・・・私ではありません!!」

王子は

「いんや、そのまんまだべ」


がーーーーーーーーーーん


「ところで、なんで外の機械で写真を撮らなかったのじゃ?」

「王子、あの機械は撮れた写真がボケてしまうんです」

「だから・・・・」

「?」

「あの機械で撮った方がいいべ」

「な・・・なんでですか?王子」

「ボケるから・・・・顔がはっきり見えなくていいべ・・・ククク」


がーーーーーーーーん

がーーーーーーーーん

がーーーーーーん



王子!毒を吐かないで下さい!




nice!(0)  コメント(0) 

アイスクリーム王子 [王子飼育日記]

とあるところに、ひとりの王子がいた。

王子とはいっても、盛りの頃は去り

王様とお呼びしても差し支えのない貫禄と、恰幅があった。

王子はアイスクリームが好物だった。


ある日、仕えの下女が王子に、とあるアイスクリームショップのチラシを差し出してこう言った。

そのチラシには、31種類のアイスクリームが載っていた。

「王子、この中で6種類だけを選ぶとしたらどれを選びますか?」

王子は、チラシを受け取り6種類のアイスクリームを選んだ。

メロン、チョコ、バニラ、プリンなどなど、下女が考えていた通りのものを

王子様はお選びになった。

もちろん下女も密かに選んでいたが、王子と共通して選んだものはなかった。

そして下女はまたもこう言った。

「王子、この中で更に3種類に絞るとしたらどれにしますか?」

王子はチラシに目を落とし、しばし真剣に考えて3種類を選び出した。

今度もまた下女が考えていた通りのものを選ばれた。

そして翌日のこと、王子は下女に向かい突然こう言った。

「昨日選んだアイスは、いつ買いにいってくるのじゃ?」

「え?・・・・」と下女は驚いた。

王子はどうやら、下女がアイスを選ばせたので買ってくるものと思い込んで

期待して待っていたらしい。

下女は笑いながら答えた。

「そんな高いもん買うか!」

王子はすっかり落ち込んだ。


貧乏な家に生まれ育った下女は、買うことが出来ない現実とどうしても欲しいという欲求を

チラシの中から選んで買ったつもりになるという空想で乗り切ってきた。

王子にはそれが理解できなかったらしい。

下女は今度から、『買わないけれど』と付け加えることを忘れないようにしよう!と心に誓った。


nice!(0)  コメント(0) 
王子飼育日記 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。